ひと夏の経験

 先日、別海高校の農業特別専攻科に講師として行ってきました。事前に担任の先生から講義のテーマが伝えられており、午前と午後、夫々1時間半づつ合計3時間の講義を行いました。
 受講したのは、専攻科の1年生であり、農場の従業員や農家の後継者、会社を退職して新規就農を目指し、研修牧場生として働きながら酪農の勉強をしている等、立場は様々でした。
 「農業と環境問題」というテーマであり、自分なりに資料は準備をして臨み、与えられた時間の半分で終わるのではと思っていましたが、一方的に話すだけではなく、生徒にも質問しながら進めたこともあり時間をあますことなく無事終了することができました。
 将来、酪農をしたいと思っている生徒だけあり、自分の経営ビジョンを持っており感心させられたのと実現するよう頑張ってほしいという気持ちになりました。
 短い時間ではありましたが貴重な経験をすることができ、又、新しい発見もあり充実した一日となりました。
 生徒の前で講師を務めるということは、めったにあることではなく、自分だけの経験では申し訳ないので来年は、別の人に回そうと思ってます。
                        TK 授業風景
ブログ | comments (0) | trackbacks (0)

乳牛の暑熱対策について

 乳牛の暑熱対策について緊急情報を案内いたしました。乳牛の暑熱対策
技術情報 > 泌乳牛 | comments (0) | trackbacks (0)

初級職員JA基礎研修を終えて

営農センターに配属され4ヵ月が経ち、正職員になって1ヵ月が経ちました。初めは仕事も分からず、牛に関しては、全く分かりませんでした。
今では、仕事もほんの少しずつではありますが覚えてきて、牛についてや、放牧地に生えている草の種類なども覚えてきました。

そして、配属されてから初のブログで、何について書こうか悩んだのですが、7月5日(月)〜7月9日(金)に中標津の根室農業会館で行われた、初級職員JA基礎研修について書いてみたいと思います。

今回行われた初級職員JA基礎研修は、10月23日(土)に行われる資格認定試験(初級)を受験するために、必要な研修です。本JA各支所の新人職員はもちろん、他にもたくさんの人がいて、全部で35名の人が参加していました。

研修では、JAに関する基礎知識や農業に関する基礎知識など様々なことを5日間にわたって勉強してきました。
勉強してきた中でも、私は簿記の経験がないので、様々な勘定科目や聞いたことのないような言葉があり、苦戦しましたが、練習問題や過去の試験問題をたくさん解いて頑張ろう!と思いました。

試験の科目内容は、全体的に暗記ものが多いので、今から少しずつコツコツ勉強し、絶対に一回で合格したいと思います!

※ 写真は初級職員JA基礎研修とは関係ありません。
最近デジカメを購入し、仕事でも大活躍しております(笑)
放牧地に生息する虫の写真(写真はスジコガネ)や、2番草が生え始めていて、特にアルファルファがすごく元気に生えている(イネ科牧草よりも、マメ科牧草の方が刈取後の再生が早いため)圃場など、いろいろ撮影しています。


むし.jpg圃場.jpgFrom [S]
ブログ | - | -

ページTOPへ

Other