初級職員JA基礎研修を終えて

営農センターに配属され4ヵ月が経ち、正職員になって1ヵ月が経ちました。初めは仕事も分からず、牛に関しては、全く分かりませんでした。
今では、仕事もほんの少しずつではありますが覚えてきて、牛についてや、放牧地に生えている草の種類なども覚えてきました。

そして、配属されてから初のブログで、何について書こうか悩んだのですが、7月5日(月)〜7月9日(金)に中標津の根室農業会館で行われた、初級職員JA基礎研修について書いてみたいと思います。

今回行われた初級職員JA基礎研修は、10月23日(土)に行われる資格認定試験(初級)を受験するために、必要な研修です。本JA各支所の新人職員はもちろん、他にもたくさんの人がいて、全部で35名の人が参加していました。

研修では、JAに関する基礎知識や農業に関する基礎知識など様々なことを5日間にわたって勉強してきました。
勉強してきた中でも、私は簿記の経験がないので、様々な勘定科目や聞いたことのないような言葉があり、苦戦しましたが、練習問題や過去の試験問題をたくさん解いて頑張ろう!と思いました。

試験の科目内容は、全体的に暗記ものが多いので、今から少しずつコツコツ勉強し、絶対に一回で合格したいと思います!

※ 写真は初級職員JA基礎研修とは関係ありません。
最近デジカメを購入し、仕事でも大活躍しております(笑)
放牧地に生息する虫の写真(写真はスジコガネ)や、2番草が生え始めていて、特にアルファルファがすごく元気に生えている(イネ科牧草よりも、マメ科牧草の方が刈取後の再生が早いため)圃場など、いろいろ撮影しています。


むし.jpg圃場.jpgFrom [S]
ブログ | - | -

ページTOPへ

Other