心機一転

 4月1日付の人事異動の発令により異動してから、早1ヶ月が経とうとしております。入組してから5年が立ち2回目の異動ですが、購買に約4年半在籍しており肥料担当者として業務をしておりましたが、営農センターに異動してきてからは、草地更新の聞き取りやH24更新圃場の調査をし更新を行う際の改善点の検討を行い、研修会などの企画立案も行うなど日々勉強の毎日を送っております。
 これから、色々と経験をしていくことになると思いますが、学んできたことを活かしつつ、心機一転これから頑張っていきたいと思っております。


 話は変わりますが、ようやく雪解けも進み草地も顔を出し本格的に作業を始める時期が近付いてきました。これからの、糞尿散布・肥料散布作業に備え準備万端だと思いますが、もう一度点検等を行い作業事故の無いよう注意して頂ければと思います。


From【Y・A】DSCF2517.JPGDSCF2513.JPG
ブログ | - | -

サイレージ検討会を開催しました!

平成25年4月10日(水)から12日(金)にかけて当HPでもお知らせしておりました『サイレージ検討会』を開催致しました(4支所計155人参加)。

 この検討会は、例年5月にコントラや生産者を主に対象として開催しておりました「サイレージ品質向上研修会」より時期を早め、収穫時期との期間を設けることでより良質サイレージづくりの参考となるように内容を一新して企画したものです。
 3日間4支所にて行い、各支所ごとの24年度産サイレージ(細断グラス・ロール・コーン)のサンプル(計87点)と分析データを展示、普及センター職員をアドバイザーに招き一度に数多くのサイレージを目にして調製法や添加剤利用の良し悪しを考える良い検討会となりました。

 意見交換では分析結果等のデータを見せずに評価・投票を行い、(今回、現物とその分析結果を照らし合わせての投票)その後にデータを公開する方法が良いといった意見もあり、良質サイレージづくりをサポートするため改善・検討を加えながら来年度以降も継続していきたいと思います。

 【職員 Y】

 DSCF2496.JPGDSCF2531.JPGDSCF2535.JPG
ブログ | comments (0) | trackbacks (0)

平成24年度産細断サイレージの品質について

 平成24年度産の1番草サイレージについて、JA道東あさひ管内526検体の分析結果から水分では全体平均で72%で、濁度(濁度計にウィンドローを入れて透明度を計測)については、平均で28僂箸覆辰討りましたが、刈高では、昨年より低い傾向にあり7.9僂如∪效把垢任蓮崚正」サイズである8个ら19个料陲多めとなり、「長」「短」が推奨値より少ない結果となりました。踏圧密度については、収穫調製時期が遅くなるにつれて、踏圧密度が低下する傾向にありました。

 発酵品質については、8割弱が高水分(75%以上)でありましたが、pHでは70%が基準値(4.2)を下回り、アンモニア態窒素では54%が基準値(8%以下)以内にあります。酪酸では81%が基準値(0〜0.1)以内でした。
 栄養価については、TDNで平均59%、CP平均では11.3%で全般的に良いサイレージが確保されており乳量の増産に繋げてほしいと思います。
 

 また、4月10日から12日に各支所ごとにサイレージ検討会を開催致します。サイレージを農家より提供して頂き、事前に分析をかけた上で、同じ圃場のサイレージを持ち込んで実際にサイレージに触れてみて、水分・におい・色等や分析結果から見えるものなど、普及センターの協力を得ながら初めてのサイレージ検討会を行いますので、大勢の参加をお願いします。

【K.K】アンモニア態窒素と酪酸の分布グラフ.pdf
ブログ | comments (0) | trackbacks (0)

ページTOPへ

Other