雑草との戦い

 現在、草地植生改善事業における表層撹拌作業(夏耕起)を行っております。7月上・中旬と好天に恵まれましたが下旬に入るとなかなか良い天気にならず、ぐずついた天気が続いています。
 JA委託事業の表層撹拌更新においては、除草処理及び心土破砕を行うことを条件とさせて頂いており、ここで除草処理についてお話したいと思います。
 
 ◎耕起前除草処理(耕起2〜3週間前、最低でも10日)
  既存雑草(刈取りを行った場合、草丈20〜30僂砲覆襪泙悩得犬鯊圓辰討ら)をグリホサート系の非選択性除草剤(ラウンドアップなど)を用いて駆除する方法で、主にリードカナリーグラス、シバムギなど地下茎イネ科雑草処理に効果があります。

 ◎播種前処理(播種10日前から播種当日に散布)
  播種床までを作り、土中雑草の種子を発芽させたのち(40〜60日)、除草剤で枯殺して同日から10日以内に播種する方法でギシギシなど広葉雑草対策としては有効ですが、耕起前除草を行わないで耕起撹拌した場合、地下茎が切断されそこから再生することがあるので、地下茎イネ科雑草にはあまり適さないと印象を持っています。
 ※雑草を一度発芽、一定期間置くことから播種時期が遅れないよう注意が必要です。

 耕起前処理と播種前処理を合わせて実施する方法もあり双方のメリットを活かすことができますが、播種時期に遅れが生じないことや、コスト面などに考慮が必要です。

 いずれの方法を行うにしてもターゲット(雑草)を決めて計画的に行い、希望する播種時期からさかのぼり期間を要する場合は、採草地では早めの刈取り、放牧地でも早めの掃除刈りを行い、耕起前除草後の期間、播種前除草の場合の実生雑草を発芽させる期間を適正に取ることが必要です。
 草地更新を行う圃場については、計画的な刈取り作業・更新作業スケジュールを立て、播種時期に遅れが生じないよう考慮が必要です
001.JPG

 職員S.M
ブログ | comments (0) | trackbacks (0)

家畜の伝染病防止対策について

 7月に入り気温の高い日が続いていますが、気温の上昇に伴いサルモネラ症の発生のリスクも増加します。
 サルモネラ症には感染力の強い届出伝染病(O−4 O−9)と感染力が比較的弱い届出伝染病以外に分けられますが、両者とも食中毒菌に変わりありません。

 近年、届出伝染病以外のサルモネラ症の発生が増えてきています。
 最近の傾向として治療により一度収束するもののその後、再発するところが見られます。
 サルモネラ菌は猛暑により牛の体力が低下した時に発症し易くなることから、畜舎の暑熱対策を見直し発生防止に努めてください。
 野生鳥獣の侵入防止に窓への防鳥ネットを設置してください。
 また、農場出入口への消石灰散布、畜舎出入口の踏込み消毒槽の設置で外部からの病原菌の侵入対策を実施してください。
 生乳生産課(各支所生産課)では畜舎消毒及び石灰乳塗布も行っていますので、まだ申込んでいない方は伝染病防止対策に活用頂きたいと思います。

職員M.M
ブログ | comments (0) | trackbacks (0)

ギシギシ防除について

ギシギシ防除について、ご案内を作成致しましたので、PDFファイルをご覧ください。

≪H25年7月8日現在 変更点≫
※アージラン液剤散布後の、採草・放牧出来ない期間は7日間から14日間に変更になりました。ギシギシ防除.pdf
技術情報 > 土・草づくり | comments (0) | trackbacks (0)

ページTOPへ

Other