国際農業機械展in帯広

 7月11日に第33回国際農業機械展in帯広に行って来ました。8年ぶりに開かれた農機展はたくさん来場者が来ていました。
 100社を超える出展があり、3時間ほどしか時間がなく10社程度にしぼり込み見て来ました。
 この中で、酪農関係機械ではロボット技術の開発が進んでおり搾乳ロボット・餌寄せロボットや自動給餌機などの最先端の機械が展示されており、その中で搾乳ロボット分野ではレーザー光線、3Dカメラによる乳頭位置検知システム、ミルク計測、分房別搾乳、ロボット内給餌、乳牛自動選別、乳頭スプレー、体重測定、遠隔監視システムなど各社たくさんの機能を持っており、特にロータリーパーラー用の搾乳ロボットシステムでは大規模牧場がより多くの牛乳を低コストで生産可能にする、高い処理能力をもつ最新の搾乳方法が紹介されていました。また、飼料収穫機械では高処理能力細断可能な自走式ハーベスターが展示されており、800PS(馬力)以上のエンジンを搭載している機種もありました。
 限られた時間の中での視察でしたが、現在、酪農家の課題である高齢化・後継者不在・労働力不足・規模拡大(飼養頭数増加)などに対応するためには、省力化が不可欠でロボット技術の開発・導入が必要と感じました。
DSCF0403.JPG

※写真は牛用のエサ寄せロボット。



DSCF5338.JPG

※ロータリーパーラー用の搾乳ロボット。



DSCF5328.JPG

※三層レーザーによる検知。



DSCF5341.JPG

※3Dカメラによる検知。


(営農センター S.M)

ブログ | comments (0) | trackbacks (0)

1番牧草収穫〜終盤へ!

 根室管内の6月上旬は高気圧により晴れた日が多く、順調に牧草の収穫に入れることを期待して収穫作業の準備に追われていたが、一転していざこれからという中旬に入って雨が続き収穫作業の足止めとなってしまいました。
 下旬にやっと牧草収穫作業が本格的にスタートして7月3日の現在までスッキリとした天候は少なかったが、全般に牧草の収穫作業は順調に進んでいたように思います。

 冬期間の乳量を左右する大切な粗飼料となることから是非とも今しばらく雨には遠慮していただき無事に1番草の収穫が終わることを祈るばかりです。

 (3日の週間天気予報によると10日頃までは雨はなさそうです。)
 また、この時期は作業の疲れから農作業事故がもっとも多く発生する時期でもあり、「危なかった」「一歩間違えたら」ということが日常の作業中にあるかと思います。
 「ちょっとした気の緩み」が大きな事故を招くこととなります。
 適切な作業計画を立て、今一度安全確認、作業点検を行い、農作業事故防止に心がけて下さい。

(余談)
 熊との遭遇
 6月下旬の夕方、現地対応を終え車で事務所へ戻る途中、とある場所の橋の前をひとつの黒い物体がゆっくりと横断中。で、よく見るとまさかの野生の熊でした。とっさにカメラを準備しましたが見失ってしまいました。
 後日、その場所を通るとそこには熊出没注意!の看板が設置してありました。

営農振興課 T.K

ブログ | comments (0) | trackbacks (0)

ページTOPへ

Other