いよいよ税務申告がはじまります!!

 今年も早いもので1ヶ月が過ぎ一息つきたいところですが、組合員の皆様は毎年恒例の税務申告の準備を進めている事と思います。
 毎年のことですが、税務申告については日々の飼養管理を行いながら大変な思いをしての申告となりますが、少しでも余裕をもって準備することが記載間違いや記載漏れを防ぐ事となります。
 皆さんもご存じの通り、道東あさひ農協では、青色申告会を設立し(株)オーレンス総合経営 税理士法人 オーレンス税務事務所のご協力を得て、税務申告に関するサポートを行っておりますので、不明な点がございましたら気軽に声をかけて下さい。
 また、当たり前の事ですが、税務申告に関して注意すべき点の一部としては以下のことが考えられます。
1)現金支出の専従者給与・・・・・・・・現金出納帳の作成
2)家事関連の按分・・・・・・・・・・・根拠性のある割合
3)給与所得者の扶養控除申告書・・・・・雇用者(専従者含)の源泉所得税
4)クミカンに計上されていない収入・・・特に飼料割戻金等
5)修理費・・・・・・・・・・・・・・・金額と案件により償却年数の設定
  
 ちなみに、税制改正の大きな点としては、生命保険料控除の改組・住宅取得等資金の贈与税非課税額・平成25年1月からの復興特別所得税等がございます。
その他に、平成25年度税制改正(案)が成立されれば、相続税に関して、現行「5,000万円+1,000万円×法定相続人の数」から、改正後「3,000万円+600万円×法定相続人の数」(平成27年から適用予定)となりますので、この点も気になるところではあります。
                               【Y・S】
ブログ | - | -

◇新年を迎えて

 2013年が始まりました。新たな年を迎え組合員の皆様におかれましては新たな希望と抱負を抱いていることと存じます。

 新年を迎え私個人の目標の1つとして、蟠ζ吋札潺福室膾鼎凌用事業業務検定試験の合格です。
 
 JAではJA職員としての基礎知識の習得に向けた資格試験や、専門知識を有する資格試験があります。本試験は、農業融資実務に特化した試験であり、TPP問題など農業情勢が予断を許さない状況下、環境の変化に対応した信用事業を行うことを目的に行われる試験です。

 試験問題は『農業情勢』や『農業融資』、『農業税務』など多岐に亘ります。実務に関連している問題が多く容易であると思いきや、いざ文章や言葉で表現されると戸惑う場面が多々あり、物事を深層まで理解していないことを痛感させられます。

 試験日は2月2日です。合格を目指すのは勿論のこと、日々の業務に活かせるよう勉励して参ります。


 ≪Y.S≫
ブログ | - | trackbacks (0)

ページTOPへ

Other