〜各種プロジェクトがスタートします〜

 6月も半ばに入り、車窓から見る牧草地の草も、風になびくようになり、まもなく酪農家にとっては一年で最も忙しくなる時期が近づいております。
 
 一番草収穫時期に入ると、同時に営農センターでは農家やコントラ連絡協議会の協力を得ながら“サイレージ品質向上プロジェクト”と“植生改善プロジェクト”を本格的にスタートさせる予定です。
 どちらも継続的に取り組んでいるもので、前者の方はコントラ会社の理解や協力もあり、調製作業の面は格段に改善され、サイレージの発酵品質を示すアンモニア態窒素の値で極端に高いものは少なくなってきており、一定の成果として感じているところです。
 今年度も対象農家を絞った中で、一番草収穫作業に合わせプロジェクトを進めていく考えにありますが、近年、草地更新の3割はアルファルファ混播草地であり“調製の難しい草”という事を多く耳にすることもあり、何戸か抽出し巡回する予定にあります。
 
 また、植生改善プロジェクトの方は3年目に入り、今までの2年間は草地更新については計画面積の8割の達成となっているものの、もう1つの柱である草地活性化事業(更新した草地を良い状態で長持ちさせる為の取り組み)の方は目標を大幅に下回っており、対策を講じる必要があると思っております。
 特に草地は経過年数に伴い土壌が硬くなりはじめ、排水性や透水性が悪くなり、同時に収量も減少する傾向にあることから、更新後4〜5年の草地を対象に心土破砕を推進することで考えております。時期は2番草刈取り後の秋作業として、多くの農家の方に取り組んでもらいたく、対象圃場を持っている農家に対しダイレクトメールを送り、啓蒙する予定です。
 普及センターのデータによると、更新後4〜5年目の草地にサブソイラーによる心土破砕を行ったところ、2割程度収量が増えたとの報告もあり、また費用対効果について、ha当り15,000円程度のプラスになるとの試算もあり、効果は大きいことから、是非チャレンジして頂きたいと考えております。
 
 ちょっと前に新しい年を迎えましたが、気がつくとすでに一年の半分が過ぎており、月日の流れを早く感じるようになりました。
 残された期間もあっという間に12月を迎えるように思いますが、今年の目標達成に向け、皆の協力のもと頑張っていきたいと思います。

【営農センター T・K】
ブログ | - | trackbacks (0)

圃場検討会&植生調査を実施しました!

 6月に入り、ようやく暖かい日が続くようになりました。
 牧草の収穫もあと3週間ほどで最盛期を迎えることと思います。組合員の皆さん、体調管理や農作業事故などには十分にお気を付け下さい。

 
 さて、5月20日から各支所で実施してきました「圃場検討会」と「植生調査」の全日程が終了しました。

 圃場検討会は、H23・24年更新圃場を対象に、肥培管理方法による植生状況や昨年度更新した圃場(完全更新・表層攪拌等)の優良事例や課題事例など、参考となる圃場を実際に目で見て、今後の植生改善・肥培管理につなげることを目的に開催されました。

DSCF2617.JPG
 
 はじめに、根釧農試の方々に講師になって頂き、牧草と雑草の見分け方などについて確認。

DSCF2684.JPG
 その後、それぞれの圃場へ移動し、組合員の方々からのコメントや関係機関の方々から更新後の草地を長く維持するコツ、今後の肥培管理のアドバイスなどを頂きました。


 植生調査は、農家さんと関係機関の方々と実際に圃場を見て回ることで自分の畑にどのような草が生えているのか知ってもらい、今後の肥培管理や植生改善に役立てることを目的に、4支所 約4,000任諒狆譴鯊仂櫃房損椶気譴泙靴拭
 
 はじめに、根釧農試や普及センターの方々に牧草と雑草の見分け方や調査方法について説明して頂き、近くの圃場にて実際に見分け方などを確認した後、グループに分かれて調査を開始しました。
 
 更新後10年近く経っていても植生が維持されている圃場、更新後間もないのに雑草が目立ってきている圃場など様々あり、更新後の肥培管理の重要性を身をもって実感しました。
 尚、今回の植生調査結果については昨年度から取り進めています圃場マップに反映させ、組合員の方々に配布していく予定です。

 組合員及び関係機関の方々、御協力頂き本当に有難うございました。

P.S.
 先日、JA道東あさひ新本所事務所建設工事に伴い、営農センターに隣接している試験圃の牧草(10草種 約35品種)の植え替え作業を行いました。
 植え替えたプランターは営農センター裏に並べてあります。

TS3I03520001.jpgTS3I03530001.jpg


【職員M・A】
ブログ | - | trackbacks (0)

ページTOPへ

Other