草地植生改善フェスティバルを開催しました!

 今年で4回目となります草地植生改善フェスティバルを10月16日(木)、JA道東あさひ本所会議室及び整備工場横の試験圃場にて開催し約170名の組合員や関係機関の参加がありました。
 
 今年度は、実践者による事例報告では十勝管内大樹町の訛静痛匸貘緝渋静鎚〇併瓠並茖僑臆麁本酪農研究会 黒沢賞受賞)による「完熟たい肥とこだわりの播種床作りで基幹草種80%以上の草地を実現」させている取り組み報告をして頂きました。中でも太田氏の草地更新の場合は、1番草収穫後に除草剤散布→ロータリーハロー→秋にプラウ耕起→(翌春にストーンピッカーによる石取り)→ロータリーハロー・パワーハロー作業計6回程度→播種(チモシー・クローバー・アルファルファ)と通常2ヵ月程度作業期間のところを1年以上かけ播種床作りを行い、完璧な牧草地作りへの意識の高さが窺えました。
引き続き農水省から情勢報告を頂いた後、根室農業改良普及センター所長 三浦康雄氏をコーディネーターとして、大塚博志氏(ホクレン本所飼料部主任技師)、高山光男氏(雪印種苗蠎萃役)、太田福司氏、当JAから橋本明雄氏、福本弘一氏をパネリストに迎えたパネルディスカッションを行いました。『良好な状態の草地をいかに維持するか』をテーマに参加者の中から太田氏に寄せられた疑問をその場で答えて頂きました。
午後からはメーカーによる除草剤や土改材、種子等の情報提供の他、実演会場に移動しマルチシーダーによる播種、深耕アッパーローターによる耕起、GPSガイダンス(自動操舵補助システムトラクター)の実演会を行い、最後に種子や土改材などが当たる抽選会を行って終了しました。
 
営農センター職員Y


.IMG_0676.JPGパネルディスカッション





GPSガイダンス
IMG_0710.JPG
ブログ | comments (0) | trackbacks (0)

ページTOPへ

Other