草地更新作業の現場で感じたこと

昨年度から始まったJA草地植生改善事業(草地更新事業)の表層撹拌による更新作業が最盛期を迎えています。今年は、8月上旬の天候がやや不安定で、除草や表層撹拌・鎮圧作業等が思うように進まない状況が続き不安な日々を過ごしておりましたが、15日以降比較的天候が安定したおかげで、受託作業をやりきる目途が何とか立ってきました。

ここでは、JA草地更新事業の作業現場や更新圃場等で感じたことを書きたいと思います。
【秋起こしの圃場(除草二回処理)】
一つめは、H23年10月に耕起前除草処理を施した上で、サブソイラーで心土破砕し、アッパーローターで表層撹拌を行い、H24年5月にローラーで鎮圧し、広葉雑草等が20冂になるのを待って6月25日過ぎに播種前除草処理の上、施肥播種(TY・WC・PR)、鎮圧した圃場の約1カ月後の様子(写真 砲任后
全体としてムラなく生育しており、また雑草が少なく現段階では比較的良好な状態と思われます。もっとも、広葉雑草の生長に時間がかかり、6月末の除草・播種となるため、面積に余裕がない方には、勧めにくいという課題があります。雑草の生育が遅い原因として、春に鎮圧ローラーしかかけていないことが考えられるため(完全更新の圃場ではディスクをかけたりしていることから)、春に浅くアッパーをかけること等を検討しながら、より効果的な秋起こしについても試行錯誤し、モデル的な手法を模索していくつもりです。

【耕起前除草処理後に残ったタンポポほか】
次に、耕起前除草処理後2週間程経って圃場を見に行き、地下茎イネ科雑草は枯れているのに、タンポポが残っている圃場を何カ所か見かけました(写真◆Ν)。
散布ムラがあるわけではないのに、タンポポが残っている。他の草の草丈があり過ぎて、タンポポに薬液が届かなかったのか、或いはタンポポはグリホサート系の薬剤が効きにくいのか、今の段階でははっきりわかりませんが、原因を探っていきたいと思います。
その他、通常の100倍濃度で枯れていない草として圃場で見られるのは、フキ、ササ、アザミの他、湿地がかった圃場にある茎の断面が△のカヤツリグサ科の草のほか、40儖幣紊棒鍵蕕靴織蝓璽疋ナリーグラスなどがあげられます。これらについては、濃度を調整したり、草丈が30冂度の段階で散布するなどの工夫が必要のように思います。

最後になりますが、昨年10月26日に開催して170名程の方に参加頂いた、『草地植生改善フェスティバル』を、もうひと工夫加えた上で、今年も10月19日(金)に開催する方向で進めておりますので、改めてFAXや文書等でご案内致しますが、組合員・関係機関の皆さま、ぜひご参加下さい。
T.S
―起こし圃場(2回除草処理)耕起前除草処理後のタンポポ
ブログ | - | -

ページTOPへ

Other