植生改善担当職員の強化合宿研修を企画・開催

 平成23年度から5ヵ年計画で取り進めていく予定のJA草地植生改善(草地更新+草地活性化)事業の実質的な推進役となる、JA各支所植生改善担当職員の現場対応力強化を図るため、上記研修会を企画し、ホクレン本所・中標津支所の協力の下、5月12日から13日、ホクレン畜産技術研究所(訓子府)にて開催、自らも受講して参りました。
 研修会には、JA本支所から20名以上の植生改善担当職員が参集し、ホクレン職員の皆さんと共に受講、添付スケジュールにもあるように非常に密度の濃い内容にもかかわらず、一人の落伍者(当然、受講中居眠りをしている職員も皆無)も出さず、座学研修・フィールド研修・対応演習等を行いました。
 12日午前は、中標津支所生産資材課の内山係長に講義頂き、まずは、土づくりの基本(土壌・肥料・土壌改良資材等)や雑草防除について学び、活発な質疑もなされた。
 午後からは、所内牛舎施設や試験圃場等を視察した後、翌日が雨の予報となったため、圃場での植生調査やGPS付デジタル貫入式土壌硬度計の設定・使用法の演習等を行い、久しぶりの圃場演習で植生を見る目を回復させたり、初めて使う硬度計に始めは戸惑いながらも「ここは案外硬い」などと言って、皆一通り使いこなせるようになりました。
 13日午前は、ホクレン本所自給飼料課の岩渕調査役より、草づくりの基本の講義が行われ、草種の区別と特徴、種子選定や組み合わせ等について分かりやすい話を聞いた後、昼からは、JA職員が講師となり、〆鯑調べた植生調査結果をもとに、PCを使ってJA版圃場マップ作りや土壌硬度データの取り込み方、続いて、■複粗各機械の説明、農業トラクター用GPSの設定・使用法を実際に乗用車を使って演習、事業申込状況や申込様式を確認してから、ぅ曠レン職員に農家役を演じて頂き、JA管内の草地更新・活性化時のデータ(例えばイネ科雑草70%、基幹草種30%未満。排水状況よくない。採草地、スラリー施用、土壌分析結果…)を下に、表層撹拌と完全更新の選択アドバイス・費用・施工時期・除草処理・種子及び資材選定をグループ討議し、農家への提案内容の発表等を行い、研修会は終了。
 密度がかなり濃かったため、あっという間に終わった印象であるが、植生改善により自給飼料TDNを5%向上させ、草で乳量を10%増産という目標達成のため、(5月中旬から植生調査や相談も増えてくると思うので)今回学んだことをしっかり活かしつつ頑張って参りたい。
By 営農センター S牧草の種類・植生の見分け方土壌硬度計の設定・使用法
草地植生改善担当職員強化合宿研修内容.pdf
ブログ | comments (0) | -

コメント

コメント入力フォーム

アイコン:

ページTOPへ

Other