植生改善プロジェクト会議

 早くも2月の中頃になり、H26年になり早や約1ヵ月余りが経ちまだまだ寒さが厳しいですが、このところ日が長くなったように思えます。
 さて、2月6日に植生改善プロジェクト会議を行い、H25年度の反省点や、H26年度の植生改善事業に向けた方向性を協議致しました。
H25年度では、
々洪:約570ha
追播:約303ha
心土破砕:約663ha
せ榿邁善:約7,856ha
ソ草処理:約1,537haとなりました。
H25年度の傾向と致しましては、草地更新面積についてJA受託の表層撹拌は前年並みでしたが、天候不順等の原因によるものか自家更新面積が大幅に減少し更新面積は前年比約270haほど減少し570haでした。もっともその分フロストシーディング等追播への移行が考えられ、追播面積は前年比約200haほど増加し303haでした。また、除草面積も前年を約350ha上回り雑草防除の意識の高まりが認められたと思います。
 新情報として、H26年度より新たな更新セットを計画しております。セット内容と致しましては、更新後ギシギシ等の広葉雑草が繁茂する傾向がみられることや、更新後の維持管理としてより良い草地維持を図るため、表層撹拌(夏耕起)を行い、翌年に広葉除草を行うセット内容を予定しております。セット価格ですので、広葉除草の価格も割安となる予定ですので、是非検討して頂ければと思います。
 H25年度の反省点を踏まえて、H26年度はより良い植生改善事業を行えるよう日々精進して参りたいと思っております。

営農センター Y・A
ブログ | - | -

ページTOPへ

Other