平成24年を振り返り・・・

 平成24年も早いもので残すところ僅かとなり、皆様におかれましては年の瀬を迎え、何かとお忙しい毎日をお過ごしの事と存じます。
 組合員の皆様は既に次年度の営農計画を策定され併せて経営戦略の取進めへと目を向けている所ではないでしょうか?
 さて、今年を振り返りますと様々な出来事があった1年だったように感じます。
 まず、東日本大震災後、復興支援等各方面からの協力があり、徐々にではありますが復興に向け進んでおりますが未だに不安が拭えない状況であり、原発問題も依然として先行き不透明なものとなっており、夏場の節電対策そして冬場における節電対策と我々国民にとっても一刻も早く問題解決を願うばかりです。
 スポーツ界では今年はオリンピックの年でもあって、日本を始め世界各国が大いに盛り上がり日本選手たちの活躍は全国民に感動を与えてくれました。
 中でも女子バレーボール銅メダル獲得は自分の中では大変印象に残るものとなり勝利した瞬間の記憶が蘇ってきます。
 当農協では各乳検組合の合併があり、私自身も事務局を担当していたこともあって若干、寂しさを感じつつも農協事業に移管したことにより、乳検事業が更なる組合員の経営に活かされることではないでしょうか。
 最近の出来事では中央自動車道の笹子トンネル天井崩落事故が記憶に新しいと思いますが安全点検を怠り発生してしまったことは大変遺憾であり、二度とこのような事故が起きない様、切に願うばかりです。
 そして、今年最後で最大の出来事が政権交代!このことは誰もが関心を持ち、これから日本がどう変わっていくのか、TPP問題を始め、原発問題、消費増税等、まだまだ心配事は尽きませんが日本経済が少しでも良くなることを期待するとともに組合員の経済が今以上に発展し、少しでも経営が繁栄されることを期待致します。
 最後に今年も早くに大雪が降り、この記事が掲載される頃にはどれだけ雪が積もっていることか想像つきませんが、今後も雪が多くなることが予想されますのでくれぐれも事故等ないよう、また、体調管理には気を付け新年を迎えて頂きたいと思います。

職員 N
ブログ | comments (0) | trackbacks (0)

コメント

コメント入力フォーム

アイコン:

トラックバック


ページTOPへ

Other