平成24年度 営農センター牧草展示圃場生育状況(H22.9.6播種)

 今年度の営農センター横のイネ科牧草展示圃場の生育状況です(8月2日時点)。
 今年は雪解けが遅く、ペレニアルライグラスを初めとして冬枯れが多くみられました。

【1番草(7月9日刈取)】
生育前半にあたる5月は、日照時間は138.9時間(平年比80%)と短めでしたが、降水量140mm(平年比130%)、平均気温8.7℃(平年比+0.3℃)とやや高めで推移し、5月終了時点での生育はほぼ平年並みでした。
生育後半にあたる6月〜7月上旬は、降水量106.0mm(平年比74%)、平均気温12.2℃(平年比−0.4℃)とやや低めでしたが、日照時間は168.6時間(平年比98%)と平年並みで推移し、最終的な生育はほぼ平年並みでした。
 チモシー(TY)の草丈は6月19日時点で、オーロラ79cm、ホライズン78cm、ノサップ76cm、ホクエイ、アッケシ73cm、キリタップ69cm、シリウス68cm、ヘリオス、アルテミス66cm、なつさかり64cm、ホクシュウ63cmでした。出穂時期はほぼ平年並みでした。
 オーチャードグラス(OG)はバッカス104cm、はるねみどり92cm、パイカル90cm、ハルジマン89cmでした。
 ペレニアルライグラス(PR)はフレンド39cm、ポコロ32cm、チニタ31cmでした。ペレニアルライグラスには雪腐大粒菌核病による冬枯れが多くみられ、生育は不良となりました。
メドウフェスク(MF)はファースト83cm、プラデール71cmでした。

【2番草(現在生育中)】
7月中旬〜下旬の降水量は61.0mm(平年比65%)と少なめでしたが、平均気温16.9℃(平年比+0.6℃)、日照時間78.8時間(平年比111%)と高めで推移しており、生育は順調です。
 チモシーの草丈は8月2日時点でホライズン63cm、シリウス60cm、ホクエイ57cm、ノサップ、キリタップ52cm、アルテミス、アッケシ51cm、オーロラ、なつさかり、ヘリオス49cm、ホクシュウ47cmとなっています。
 オーチャードグラスはハルジマン71cm、パイカル70cm、はるねみどり68cm、バッカス62cmとなっています。
 ペレニアルライグラスはチニタ44cm、ポコロ40cm、フレンド39cmとなっています。
メドウフェスクはプラデール56cm、ファースト48cmとなっています。


次に、品種・刈取り時刻別のイネ科牧草糖度測定結果を示します(8月3日測定)。
測定には屈折糖度計を使用し、10:00〜11:00と16:00〜17:00の2回行いました。

10:00〜11:00測定で最も高かったのはキリタップ(チモシー)で3.6%、次いでホクエイ(チモシー)2.9%、ホクシュウ(チモシー)2.5%でした。
16:00〜17:00測定で最も高かったのはキリタップ(チモシー)で3.8%、次いでオーロラ(チモシー)3.7%、ホクエイ(チモシー)3.3%でした。
各草種の平均糖度(10:00〜11:00/16:00〜17:00)は、チモシー2.1%/2.6%、オーチャードグラス1.3%/1.8%、ペレニアルライグラス2.0%/2.3%、メドウフェスク1.1%/1.4%でした。

刈取り時刻については、ホクシュウとなつさかりを除く18品種が10:00〜11:00よりも16:00〜17:00に刈取ると糖度が上昇しました(全品種平均:1.8%/2.3%)。これは、日中に光合成により作られた糖が夜間呼吸によって消費されるためと考えられます。

※今回使用した糖度計の測定値は、サンプル中に含まれる可溶性固形分のパーセント濃度を示します。可溶性固形分とは糖を初めとして塩類、タンパク質、酸など水に溶ける物質すべてであり、測定値はそれらの合算値となります。


職員A・M
営農センター試験圃場 生育状況2012.pdf
ブログ | - | trackbacks (0)

トラックバック


ページTOPへ

Other